LOG IN

今週の相場展望

先週末は大阪で講演だった。講演前夜は北新地で鮨をつまんだ。金曜の夜とあって店はどこも混んでいた。鮨屋からはしごしようとしたが焼き鳥屋も焼きトン屋も席が空いていなくて諦めた。新地にひとが戻ってきたように感じた。 翌日、セミナー開始まで時間があったのでセミナー会場の近くにコーヒーを飲みにいった。たまたま入った店はパンケーキの名店らしく、

今週の相場展望

◆この週末、日米欧主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)がカナダのケベック州シャルルボワで開かれ2日間の日程を終え閉幕した。議長国カナダのトルドー首相は「7カ国の共同宣言を採択し、一定の成果を挙げられた」と語ったが、額面通りに受け止める向きはいるまい。今回ほどG7の亀裂が目立ったサミットはなかった。トランプ大統領の保護主義に他の6か国が

今週のマーケット展望

先週末、米国市場では強い雇用統計の結果を受けて株高・ドル高となった。週明けの東京市場は反発して始まりそうだ。先週、市場の波乱要因となった南欧不安は後退している。イタリアでは連立政権が発足する見通しとなった。政治空白に終止符が打たれるということで市場は落ち着きを取り戻したが、そもそもバラマキ政権ができること自体、ユーロにとってのリス

今週のマーケット展望

ストラテジーレポートでも述べたように、相場サイクルからも上昇トレンドは一服し、しばらく調整局面入りと思われる。決算発表が終わりファンダメンタルズ面での新たな材料がないなか、当面は米朝首脳会談の行方などを見守る展開だろう。 日経平均は3月安値から2万3000円台をつけた戻り高値までの上げ幅に対してフィボナッチ比率の23.6%押し。他のテクニカル指標

今週のマーケット展望

昨日の土曜日は今年度最初の「全国投資セミナー」。名古屋のコンベンションホールで開催した。500人を超えるお客様にご来場いただき盛況のうちに無事終えることができた。 日経平均株価は好決算を受けて2万2000円台後半を固める動きから、2万3000円台回復は一気にはいかず大台手前で一旦足踏みとこれまでは想定通りの展開となっている。それでも日経平均は先週1週