LOG IN

今週のマーケット展望

反発の持久力がポイント 米失業給付延長法案の早期可決が当面の焦点 日本株相場は下値を固めることができるか正念場である。先週末の下げが大き過ぎたこともあり、週明けは米国株の上昇を好感してとりあえず反発するだろう。問題はその反発力の強さと持久力だ。戻ったところは一定量の売りに押されることは想定内だが、どの程度耐えられるか。ストラテジーレポ

今週のマーケット展望

今週はFOMC、米国の4-6月期GDPの発表、中国PMI、決算発表のピークなど重要イベントが目白押しだ。まず28日、29日には米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催される。公表された前回の議事要旨によれば、多くのメンバーがYCC(イールドカーブコントロール)について懐疑的でフォワードガイダンスのほうを支持している。また、経済には当面、支援が必要であり、今後の

今週のマーケット展望

木曜日から4連休となり今週の立ち合い日は3日間だ。動きにくく、基本は模様眺めで一進一退の展開だろう。一方、21日に日本電産(6594)、ディスコ(6146)、22日にはオービック(4684)、サイバーエージェント(4751)といった序盤戦で注目銘柄の決算発表がある。いずれも好決算が期待できるだけに連休の谷間の市場は堅調だろう。思い起こせば、昨年のこの時期、第1

今週のマーケット展望

週明けの日本市場の注目は安川電機の反応だ。先週末発表した2020年3~5月期の決算は、営業利益が前年同期比22%減の62億円だった。主力のモーター事業が次世代通信規格「5G」や半導体関連向けに堅調で市場予想平均(QUICKコンセンサス)の34億円を上回った。特に注目されるのが業績の先行指標となる受注額。前の四半期と比べて1%減にとどまった。中身を見ると売り上げ

今週のマーケット展望

米国の雇用統計など主要指標の発表を通過、4-6月期決算発表が始まるまで手掛かり材料に欠ける。6日にISM非製造業景況指数、8日に日本の6月の景気ウォッチャー調査の発表があるものの、今週は材料難の1週間だ。日経平均もダウ平均も25日の移動平均を意識した動きとなろう。それほど重い上値抵抗線ではないが、上抜けるような買い材料にも乏しいうえに、コロナ感染