LOG IN

今週のマーケット展望

米長期金利の落ち着きを前提に戻りを試す展開を予想 先週の大幅下落からの戻り歩調をしっかり辿れるかが焦点となる。前提は米国株相場が落ち着くことだが、米国市場の急落を誘ったインフレ懸念もとりあえず一服していることに加え、今週は米国のインフレ懸念を助長するような経済指標の発表はとくにないこともあって投資家も冷静さを取り戻すだろう。むしろ19

今週のマーケット展望

決算発表が佳境を迎える 相場全体も動意づくか 6日、7日を飛び石連休の狭間と見なせば、10日からが実際的なゴールデンウイーク明けである。今年は、コロナに加えて、こうした日並びのせいか今週に決算発表が集中している。これまで膠着感が強く方向感が出なかった相場も、今週からは動意が見られるだろう。日経平均は三角保ち合いの様相で、25日線と75日線の間隔

今週のマーケット展望

決算発表本格化など材料目白押しの週 大型連休前の手仕舞い売りに警戒も 今週は決算発表が本格化する。日銀の金融政策決定会合とFOMCも開かれる。バイデン大統領の施政方針演説や米国の1-3月期GDP速報発表と重要イベントが目白押しだ。材料が多く波乱の展開もあり得るだろう。ゴールデンウイークの連休を控えた4月最終週で手仕舞い売りに押されることも想定しお

今週のマーケット展望

20⽇から埼⽟・千葉・神奈川・愛知にまん延防⽌等重点措置が適⽤される。10都府県に対象が広がるが、感染者拡大に歯止めがかからず緊急事態宣⾔の再発動の懸念が強まっている。こうしたコロナ対策の遅れが、欧米株に対する日本株の出遅れの理由だと再三指摘してきたが、その欧米でワクチンの接種を制限する動きが出始めたと日経が報じている。一部ワクチンで投

今週のマーケット展望

先週の日本株は上値の重さを露呈する値動きとなった。米国株高を受けて高く始まってもその水準を維持できない。3万円を回復してもあっさり割ってしまう。火曜日には大幅陰線。金曜日も同様にプラス圏は維持したものの朝方の300円高のあと値を消して安値引けだ。日経平均は高値を切り下げる格好が明確になっている。 一方、この間、欧米株は高値追いとなった。米