LOG IN

長短金利操作付き量的・質的緩和

by 広木 隆

「長短金利操作付き量的・質的緩和」。まず、名称が長い。少しでも端折るために、「長短金利操作付きQQE」と呼ぼう。イールドカーブ・コントロール付きQQE、略してYCCQQEなんて言ったらなんのことだか皆目見当がつかない。

しかし、うまいネーミングではある。以前は、「マイナス金利付きQQE」だったのだから、「マイナス金利」の文言を政策名から消したということである。評判の悪かった「マイナス金利」を「長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)」に置き換えたのだが、名称を変更した以上にその意義は大きい。

イールドカーブが立つということが決定的に重要だ。先の金利が手前の金利より高くあること。それは日本の経済主体が忘れて久しい「金利の先高観」を示すということである。それがなければ、経済主体は - 企業も家計も - おカネを使おうとは思わない。金利体系の正常化こそ、デフレ脱却の鍵であり日銀がいうところの「フォワードルッキングな期待形成」につながる土壌である。残念ながら東京の豊洲市場は盛土がなされなかったが、金融市場は最低限の「盛土」がなされた。この差は大きい。

ストラテジーレポートでも述べているが、今回の日銀の緩和強化策は日本経済、および日本株相場にとってポジティブであると僕は思う。市場の評価をもう少し見て、改めてコメントしたい。



広木 隆
OTHER SNAPS