LOG IN

今週の相場展望

by 広木 隆

前回ブログを更新してからだいぶ間隔が空いてしまった。さぼっていたわけではなく、積極的に情報収集に努めていたので、ブログまで手がまわらなかったのである。

例えば、先週金曜日のスケジュールを記すと、朝は乃木坂にある政策大学院大学で開催された朝食勉強会に参加。高名な経済学者の話を聴いて勉強会メンバーとディスカッションをおこなった。昼は市ヶ谷のレストランで某経済研究所のチーフ・ストラテジスト氏と会い情報交換。夜は、銀座の四川料理の名店で個人投資家と交流した。個人投資家といっても、いわゆる「億トレーダー」である。和製ヘッジファンドのオーナー兼ファンドマネージャーも参加しての会合だった。並のセルサイド・アナリストと話すより、よっぽど勉強になる。

前回のブログ10月10日付け「今週の相場展望」ではこう述べた。

週を通じてどこまでドル高円安基調を取り戻していけるかが今週の焦点。あくまでもトレンドの確認ができれば上出来なので、日経平均も上値追いはなく、上値17000円-下値16500円のレンジ内推移にとどまるだろう。

先週の相場の動きはほぼこの見立て通りだった。「上出来」である。ドル円相場は、一目均衡表の雲に絡む動きで、この雲を今年初めて抜けたばかりだから、雲のうえに明確に出ようという動きは続くだろうと書いた。そして実際にその通りの展開となった。

今週の焦点は、ドル円が一目均衡表の雲から放れてさらに円安が進むかどうかである。材料となりそうな経済指標は、17日に発表される米国の9月鉱工業生産。8月は前月比マイナス0.4%と大きく下振れしたがISM製造業景況感指数が持ち直していることから鉱工業生産も回復すると見られる。

そして最大の注目は18日に発表される9月のCPIだ。8月はコアCPI(除食品・エネルギー)が住宅、医療費の上昇で2月以来の大幅な伸びとなった。前年比では2月と並んで2.3%の上昇だった。これは12年5月以来の高水準。仮に前月の水準からさらに伸びが加速すれば今回の景気回復局面でもっとも高いインフレ率となる。そうなれば現在、7割程度にまで高まっている12月の利上げ確率(CME FEDウォッチ)を一段と高めることになり、金利上昇とともにドル高が進むだろう。

先週、久しぶりに中国の経済指標で相場が荒れる場面があったから今週発表される中国の指標も必然的に警戒感をもって見守られるだろう。19日に1-9月固定資産投資、9月鉱工業生産、9月小売売上高、そして7-9月GDPが発表される。

先週発表された貿易統計は市場のかく乱要因になったが、続いて発表された9月の物価統計では、生産者物価指数(PPI)が前年比0.1%上昇と、2012年1月以来初めて前年比でプラスになった。消費者物価指数(CPI)も市場予想以上に上昇が加速した。今週発表される指標も警戒視はされるが、直近の物価統計から察するに案外堅調な結果となるのではないか。

国内では、20日の安川電機(6506)を皮切りにいよいよ決算発表シーズンが始まる。安川電機と言えば前回7月の4-6月期の決算発表は印象的だった。決算発表翌日、安川電機の株価は一時前日比6%高まで上昇し、約6カ月ぶりの高値をつけた。決算は大幅減益だったが、主力の制御機器などの中国向け受注が回復傾向にあることが判明。それを好感した買いが集まったのだ。これ以降、決算の数字自体は振るわなくても内容が悪くなければ株価が好反応を示すケースが散見された。

現在市場では4-9月期の決算発表に関して、円高による業績下方修正懸念が根強いようだが、米国や中国の経済指標が堅調で円高が修正されるなか、前回の安川電機のようなケースが今回の決算発表シーズンでも多く見られるのではないかと期待している。

今週のメインシナリオは米国景気の堅調さを背景としてドル円相場が105円台を伺う展開を基本とし、日経平均は再度1万7000円台を回復、9月高値の1万7156円を抜く場面もあると予想する。




広木 隆
OTHER SNAPS