LOG IN

ネットの悪口

by 広木 隆

毎週月曜昼のオンラインセミナー「広木隆のマーケット展望Weekly」を長いこと続けているが、運営方法は試行錯誤の連続である。これまではマネックスに口座をお持ちの方限定でおこなっていたが、今日は久しぶりに誰でも視聴可能とし、先週から事前告知もおこなった。相場が転換点に差し掛かっていると思うので、ひとりでも多くの方に見通しを伝えたいと思ったからだ。普段は使わないチャート類も用意して詳しい説明を心掛けた。

生放送中は気が付かなかったが、時間内に回答できない質問にブログで答えようとチャットの履歴を見ると、いくつか悪口が書き込まれているのを見つけた。

よくあることだ、と流せばいいのかもしれない。こういう手合いは取り合わないのが一番の対処法である、と前回ツイッターの炎上騒ぎで学んだはずではないか。しかし、腹が立つのは変わりない。いくつになっても、こういう輩の心情が理解できない。おそらく相場で儲かっていない腹いせに悪口を書き込んでいるのだろう。そういう自分の行為がいかに下劣であるか考えが及ばないのだろう。例えば、それは自分の愛する人に話せるような行為なのか自問すれば即座にわかる。だから、ネットの向こう側に隠れて悪口を書き込むような人間は愛する人も、無論、愛してくれる人もいないのだろうと思う。

あまりに不愉快なので次回からはまた口座保有者限定にしよう、いや、もっと制限をかけて登録制にしよう、一定の資産残高をお持ちの方限定にしようかとも考えていたところ、チャット履歴の後のほうを見たら、視聴者の方が僕の代わりにやり返してくれているのを発見して心が温まった。

「眼鏡がチンピラみたい」という本当にどうでもいい書き込みがあった。それに対してhoriguさんは「ほっといて」と言ってくれた。shuさんは「34←下品な奴だな(笑)」と嘲笑を浴びせてくれた。ありがとう!

少しでも応援してくれるひとがいる限り、オープン形式でやっていこうと思った。悪意の書き込みから逃げるのではなく、そうした低俗な人間が来ないようなサイト運営を目指していこう。本当の意味の「サロン」と言えるような。

こんなことばかり書いていたら、もう8時半だ。積み残した質問の回答はまた明日。ワインを飲む時間だから仕方ない。悪しからず。ごきげんよう。


広木 隆
OTHER SNAPS