LOG IN

感謝デー・議会演説・波乱なし

by 広木 隆

土曜日は東京ドームシティホールでお客様感謝デーを開催した。アリーナ席から3階席まで超満員、2000人のお客様をお迎えして、充実した内容のセミナーをご提供できたと自負している。

東京でセミナーを開催するのは年に一度なので、足元のことよりは年間を通したアウトルック、あるいはもっと長期の話をした。しかし、目先のビッグイベントにまったく触れないわけにはいかない。もちろん、トランプ大統領の議会演説である。

トランプ大統領の上下両院合同会議での議会演説は現地東部時間2月28日午後9時に始まる。日本時間では3月1日午前11時に当たり、ちょうど東京市場の前引け直前である。海外の重要イベントの結果が判明するのが日本時間の昼間で、東京市場がその最初の「審判」を下す舞台になるのは、昨年6月の英国国民投票、11月の米大統領選と同じケースである。「二度あることは三度ある」という言葉もあり、波乱に備えたい。

演説の内容は、これまで述べてきたことの繰り返しと政策の大枠を示すにとどまるだろう。減税策の詳細まで踏み込んだものは出てこないと思われ、市場は失望をもって受け止めるだろう。上で「波乱に備えたい」と述べたが、BREXITや大統領選のような急落はないと思う。なぜならその両者はまさに「サプライズ」だったから市場は過激な反応をしたが、今回の議会演説はそれほど期待が高くなく、事前に失望的な内容になることの織り込みが出来ているからだ。

ドル円は先週末のNY市場で一時111円93銭と9日以来およそ2週ぶりの円高水準まで円が買われた。シカゴの日経平均先物は一時1万9075円まで下げた。市場の動きは期待と楽観にはほど遠く、「トランプ演説=失望的な内容」を織り込む動きに見える。「トランプ演説=失望的」が徐々にコンセンサスになりつつあるので、逆に踏み込んだ話が出たらサプライズになる。

トランプ演説は市場にとってネガティブなものになる可能性が高く(90%)、その場合でも下げは限定的(日経平均19000円割れがあるかどうか)。反対にポジティブなものになる可能性は低い(10%)が、もしそうなったら相場は急騰するだろう(日経平均で500円程度はあがるだろう)。

よってメインシナリオは軟調な相場展開を予想するが大きな下げにはならないと思う。それが「波乱なし」という意味だ。今回のブログのタイトルは、「感謝デー・トランプ演説・波乱なし」と5・7・5調でまとめたつもりだが、やっぱり字余り、語呂が悪い。

LINE it!



広木 隆
OTHER SNAPS