LOG IN

新年度の誓い

by 広木 隆

新年度のスタートである。今日からモーサテも大きく変わった。新しくキャスターに秋元さんが加わり、お天気は森山さん(上智大の後輩)が伝える。放送時間も延びて7:05までの80分番組になった。必然的にコメンテーターの発言機会も増える。海外ニュースを受けてのコメントも多いため事前の準備が効かない。誰がどこでどんなコメントをするか、当日朝の打ち合わせで決めていく。まさに日頃の鍛錬 - 情報収集と分析 - がコメントのクオリティを左右する。

今日の特集はAIだった。番組最後に出す『経済視点』。フリップには「AIとの競争」と書いた。将棋や囲碁ではAIが人間のプロを破るようになっているが、株式相場ではどうだろう。一定期間における対ベンチマークのパフォーマンスという観点での勝負なら、人間のファンドマネージャーは早晩AIに勝てなくなるだろう。

だがそれは「クオンツ」と呼ばれた運用手法の辿った歴史と同じである。クオンツが市場を席巻した時代もあった。しかし、やがてそれも立ち行かなくなる。結局クオンツだろうがなんだろうが、みんなが同じポジションに傾いて、偏ったベットになっていたからである。そうなっては誰もアルファを獲得できない。

AI運用も当初は人間を凌駕する成績をおさめるだろう。しかし、やがて伸び悩むだろう。AIが普及すればするほどみんな同じような運用になって市場が飽和し、そして破局へと向かうからである。

いずれにせよ、今年度はビッグデータ元年となるだろう。AIとの競争も熾烈を極める日が早晩やってくる。機械に負けない仕事をすること - それが新年度の誓いである。

LINE it!

広木 隆
OTHER SNAPS