LOG IN

マーケット展望

by 広木 隆

今週はテレビ・ウィークだった。月曜日はモーサテ、火曜は日経プラス10、水曜日はCNBCだった。いずれも日経平均3万円への道について話した。金曜日は大阪で講演し、週末の今日は日経プラス10サタデーで、再び日経平均3万円の見通しを述べた。来週は週刊誌など活字のメディアでフォローされる予定だ。

さて、相場のほうは非常に荒っぽくなってきた。9日に2万3000円台をザラ場でつけて、その1週間後に当たる先週16日には2万2000円を割り込むところまで急速に売られる場面があった。しかし25日移動平均できれいに切り返し、週末17日の陰線の下ヒゲも5日移動平均手前で止まった。木曜と金曜の日中の値幅は400円を超えている。利益確定売りに押し目買いが交錯し、振れが大きくなっている。ボラティリティが高まり、それ自体が取引を誘因する。値幅を獲るチャンスが増えたとみて投機筋が参入する一方、ボラティリティ=リスクの高まりと捉えて強制的にポジションを落とす制約があるような運用主体からは売りが出る。

来週のポイントは25日線を下回ったところで押し目買いが入るかどうかである。この荒っぽい値動きは来週も続くだろう。そうすると、すでに2万2000円台に急上昇して来ている25日線を下回る場面もあり得る。今週の下げでは25日線がサポートになったが、そこがブレークされても押し目買いが入るか注目したい。移動平均ではなく2万2000円という大台が意識されるかどうか。

来週は重要な経済指標の発表が少ない。材料不足で引き続き米国の税制改革の行方に注目が集まるだろう。米税制改革は下院が法案を可決したが、為替はドル安円高に動いた。先週も述べた通り上院とのすり合わせが難航すると市場はみているからだろう。

来週末には早くもブラックフライデーを迎える。近年、アマゾンに押されて苦戦が続く小売株だが、金曜日は良好な決算発表が相次いだ。決算で利益が市場予想以上だったスポーツ用品のフットロッカーが急騰し、ナイキなど同業に買いが広がった。ギャップとアバクロンビー・アンド・フィッチの既存店売上高が増加し、大幅高となった。年末商戦のスタートを前に、期待が高まる決算だった。年末商戦の好調観測は相場の下支えになるだろう。

明日からロンドンに行く。ヘッジファンドや年金基金のファンドマネージャーなどに面会し、いろいろ意見交換する予定である。外国人投資家に「日経平均3万円」のストーリーを語ったたら、どのような反応が返ってくるか楽しみである。


広木 隆
OTHER SNAPS