LOG IN

今週のマーケット展望 ジャクソンホールは終わったが...

by 広木 隆

ジャクソンホールで行われたカンザスシティー連銀主催の経済シンポジウムでは、FRBのイエレン議長とECBのドラギ総裁が講演したが、ともに金融政策に関する言及はなかった。それについて、市場の一部は欧米の金融当局が引き締めに対して慎重になっていると解釈しているようだ。実際、イエレン議長の講演後に米国の長期金利は低下し、主要通貨に対してドルが売られた。しかしそれは穿った見方というものだろう。そもそもジャクソンホールのシンポジウムは金融政策の発表の場ではない。金融政策に関する言及がなくて当然であり、なかったからと言ってそこに理由や思惑を探ろうとすること自体が無意味である。

市場の動きも合理的でない。仮に、イエレン議長・ドラギ総裁の「言及なし」が引き締めに慎重であることのサインであるとするならば、市場が「ドル安」で対応したことは理解できるが、「ユーロ高」は理屈が通らない。ユーロは急上昇した。対ドルで一時1.1941ドルまで上げ、およそ2年7カ月ぶりのユーロ高・ドル安水準を付けた。市場はいつでも勝手に理屈をつけて取引の材料にするものだが、今回は理屈すらつけていない。前回のブログで、「重要なのはニュースではなく市場の反応」であると述べたが、この市場の反応は無視していいだろう。

ともかくジャクソンホールという材料はこなしたが、今後も膠着相場は続くだろう。ジャクソンホールでのサプライズを警戒して売買を手控えていた投資家がマーケットに戻るということも期待できるが、今度は他の不安材料がクローズアップされてくる。

CMEのFedウオッチで、FRBが昨年12月に利上げして以来初めてとなる「年内利下げ」の確率が示された。市場は年内の利上げに懐疑的になり始めているだけに、今週出てくるインフレ指標は重要である。31日のPCEデフレーターと週末の雇用統計の平均時給だ。これが弱いようだと一段と円高が進むリスクがある。

北朝鮮に対する不安もくすぶる。26日にもまたミサイルと見られる飛翔体を発射した。北朝鮮は建国記念日にあたる9月9日に去年は核実験を行っている。9月9日に向けて緊張が徐々に高まるだろう。最大の不透明要因は米国の財政問題。新年度予算と債務上限引き上げが絡み合って政府閉鎖やデフォルトのリスクまで意識されている。9月5日に議会が再開されるが、議論の行方を市場は固唾を飲んで見守ることになる。9月7日にはECB理事会もある。そう考えると少なくとも9月上旬までは重要イベント目白押しで動けない相場が続くだろう。

昨日の土曜日、BSジャパンの「日経プラス10サタデー」に出演し、木野内栄治さん(大和証券)、井出真吾さん(ニッセイ基礎研究所)、イェスパー・コールさん(ウィズダムツリージャパンCEO)とマーケットについて議論した。イェスパーとは今週土曜日、名古屋で再びパネルディスカッションに登壇する予定である。みんなと話して刺激も受けたし、視野も広がった。番組を見逃した方のために、明日のオンラインセミナーで議論の概要を紹介しようと思う。

LINE it!

広木 隆
OTHER SNAPS