LOG IN

黒田総裁、続投しない可能性

by 広木 隆

今週、日米で金融当局の会合が開かれる。日本では30-31日に日銀金融政策決定会合が、続いて31日-11月1日にはFOMCがある。米国では12月の利上げがほぼ確実視されており今回のFOMCに対する注目度は高くない。日銀会合も現状維持がコンセンサス。展望レポートでは今年度のコアCPI見通しを7月レポートの1.1%から1%未満に下方修正することが見込まれている一方で、来年度以降は据え置きだろう。いずれにせよ、こちらも見るべきものがない。

唯一、興味を引くのは、片岡審議委員が対案を披露するかどうかだ。片岡氏は初出席した前回の会合で、現行の政策では2%物価上昇の目標達成には不十分といった理由で現状維持に反対票を投じた。不十分とするなら、さらに踏み込んだ緩和策を講じるべきだと具体的な方法を提案するかどうか、注目したい。

日銀会合、FOMCともに会議自体より、会議をチェアする人物の後任人事に関心が集まっている。新FRB議長は、トランプ大統領がアジア歴訪に発つ前に、すなわち今週に発表されるはずだ。テーラー氏が選ばれた場合、短期的な市場の波乱要因になるかもしれないが、一時的なものにとどまるだろう。

昨日、土曜日の日経新聞1面トップは「ポスト黒田も黒田氏本命」との見出しで、黒田・日銀総裁の続投をメインシナリオにしていた。多くの市場参加者の見方も同じだろう。しかし、同じく土曜日のBSジャパン「日経プラス10サタデー」でご一緒した木内登英氏(前・日銀審議委員)は異なった意見をお持ちだ。ここからさらに5年、2期務めるのは黒田氏本人にとって不利なので自ら辞退する可能性があるという。確かに、周囲には2期はやりたくないと漏らしているとの噂も聞こえてくる。現時点での大本命・黒田氏の続投がないとなれば、それはFRB議長にテーラー氏が選ばれた場合より、市場の動揺は大きなものになるだろう。


広木 隆
OTHER SNAPS