LOG IN

今週のマーケット展望

by 広木 隆

3 万円の大台を試す場面も 米国追加対策とワクチン期待で

決算発表一巡で今週は手掛かり材料難。日経平均は 3 万円の大台を前に目先上値の重い展開となりそうだ。と、いうのが今週の相場展望のコンセンサスだろう。であるなら意外にあっさりと3万円をつける場面があるかもしれない。相場はコンセンサス通りにならないことが、ままあるからだ。

3万円の大台乗せがあるとすれば、そのきっかけは米国の追加経済対策が決まることだろう。下院歳入委員会が1400ドルの個人向け現金給付を柱とする5935億ドル規模の家計支援策を可決しており、あとは上院待ちだった。その上院はトランプ前大統領の弾劾裁判で手一杯の状態でしばらく時間がかかりそう…と思いきや、あっさりと無罪の評決を出した。これで追加経済対策の審議に入れる。早期に決着すれば相場の支援材料となる。

ワクチン関連のニュースも相場のムードを明るくするだろう。英米では目立って新規感染者の伸びが鈍ってきている。そうしたなか、いよいよ我が国でもワクチン接種が開始されるとなれば経済再開期待の高まりが株高につながるだろう。

⽶国は15⽇がプレジデントデーの祝⽇で、週初は動意薄かもしれないが、18⽇に旧正⽉(春節)が明け中国・アジア市場にも投資家が戻ってくる。需給面では特段売り材料もなく、押し目では買い意欲が旺盛だ。下値が堅いと見れば、それだけで買われる要因になる。週後半にも大台乗せがあるかもしれない。

経済指標は16⽇にNY連銀製造業景気指数、17⽇に米鉱⼯業⽣産、⼩売売上⾼、卸売物価指数(PPI)、18⽇のフィラデルフィア連銀製造業景況感指数、19⽇に⽶PMI速報値、中古住宅販売などが注目される。

予想レンジは2万9200 – 3万円とする。

OTHER SNAPS